東京都町田市 美大生失踪事件

 



2次資料からのデータ

概要

事件被害者:井出真代さん(当時18歳)
事件発生時:1999年8月14日(土)

最後に目撃された場所

・レンタルビデオ店
赤い目印をクリックすると詳細が出ます。

時系列

1999年
8月13日早朝:両親と弟は愛知県に行ったが、被害者は1人家に残った。(翌日歯医者を予約していたため)
17時50分ごろ:レンタルショップに立ち寄る(返却履歴あり。店員も覚えていた)。その後、右が自宅方向だが、左の成瀬駅がある方向に向かった。

14日未明:両親が自宅やPHSに電話をかけたが出なかった。

16日:両親らが帰宅したが真代さんはいなかった。

失踪当時

服装

・ノースリーブシャツ
・ジーンズ
・サンダル

所持品

・バッグ
・約15,000円が入った財布
・PHS

その他

なくなっていたもの
・水着
・タオル
・洋書のモランディ
・カメラ

・保健証は家にあった
・失踪の前日は町田1中プールを利用していた(①)。当日プールでの目撃証言はなし
・口座には約2万円あり失踪後に両親が5万円を振り込んだが、引き出された形跡はなかった。

参考サイト
・気になる記事 様 「追跡!真実の行方」町田市・消えた美大生の謎
井出真代さん失踪事件で皆さんに質問です(yahoo知恵袋)



考察

事件当時の足取りを考える

17時50分ごろにレンタルショップを立ち寄ったことがわかっている。
そして、店を出るとき家の方向である右に行かず、左に向かっている。
左は綾瀬駅がある。
この後向かった場所は、2つの可能性が考えられる。
①歯医者に向かった
②プールに向かった

まず①歯医者に向かった説から考える。

①歯医者に向かった

渋谷に予約した歯医者に向かったということである。
しかしこの可能性はないかもしれない。
時間は17時50分。
仮に歯医者に向かう予定なら、保健証を持っていくはずである。
家に保健証が残っていたので、行くことは考えていなかったと考えられる。
レンタルビデオ店に行く前にプールに行った可能性も考えられるが、プールには姿を見せていないため、この流れは当てはまらないと考えらえれる。

②プールに向かった

レンタルビデオ店に立ち寄ったのは17時50分。
この後、プールに向かったことが考えられている。
これは、家に水着とタオルがないことからもわかる。
とすると、レンタルビデオ店から、プールの道のりで何かが起こったと考えられる。

レンタルビデオ店からプールまでの足取り

地図をもう一度見ながら考察していく。

綾瀬駅からプールまでの直通のバスがあるか調べたがなかった。
とすると、
綾瀬駅から町田駅まで電車で行ったと考えられる。
そして町田駅からプールまでの距離を、googlemapで調べると距離で1.1㎞、徒歩で14分。
十分歩ける距離である。
町田駅からバスでプールまで行ったことも考えられるが、すぐ近くを通るバスはなくこれなら歩いたほうがよいと考えられる。
そのため、

レンタルビデオ店→(徒歩)→成瀬駅→(電車)→町田駅→(徒歩)→プール

の道順と考えられる。
この間でなんらかの事件等に巻き込まれた可能性が高いといえる。

最後に

この事件について知りたい場所があったので、警察官の方に聞いたところ親切に対応していただきました。
この記事によって少しでも皆さんの目に留まり、事件への解決の糸口になればと思います。

コメント